はじめての種まき☆初心者家庭菜園

初畑仕事から二週間ぶりに2回目の畑に行った時の記録です。2016年9月中旬

スポンサーリンク
広告大

はじめての種蒔き&2回目の畝立て/初心者家庭菜園2回目

秋雨前線がずーっと停滞していて畑に行くタイミングがなかなか合いませんでした(>_<)
この日も開始早々に小雨が降り出し、そのうちにスコールのような激しい雨に降られてしまい、暫く屋根のあるところで待機してから小雨になってからレインコートを着て作業開始しました。近所に畑ができる土地があればいいのになぁとつくづく思います。(一番下に動画あり)
  • 場所:関東の都心に近い畑
  • 時期:2016年9月中旬
今回畑でやったこと

img_2184

  • 残りの②~④の草刈
    (畝立てするエリア②だけは草の根本の方から刈って通路におく)
    刈った草はさらに半分位にカットし、この日畝立てするエリア以外は畑の上に被せておく
  • 今回の畝立てエリア②
  • 前回畝立てエリア①の種まき
    中葉春菊、イッセイ大根(鞘なし・鞘あり)、3種類の二十日大根、金町子かぶ

草刈と土掘り

手前が2週間前に畝立てしたエリア①。向こう側の草のある部分がこれから草刈&畝立てするエリアです。畝立てはエリア②のみ。
img_1595
 
②の草刈は根元から行い刈った草は半分に切って通路においておきます。
その後、通路の上にブルーシートを敷いて、その上に鍬とスコップを使って掘った土をのせておきます。一人でやったため前回よりも浅くしました。深さ30cm位。土を掘り返す前にシートを敷いておくことで、土を戻す作業が楽になりました。
エリア③④は次回耕すので草をざっくりと刈って半分に切ってから、その上に被せておきます(写真)
img_1645
エリア2の畝立ての高さは前回エリア1と同じ位の高さ20cm位。草をかけて出来上がり。またまた完成の写真を撮り忘れてしまいました(^_^;)

種まき

前回畝立てしたエリア①の種まきで1す。種を蒔くところを指で軽く目印をつけましたが、まっすぐ引けませんでした。。。(紐や棒などでやると便利でしたね)
上から1列ずつ中葉春菊、イッセイ大根(鞘なし・鞘あり)、3種類の二十日大根、金町子かぶの4列を蒔きました。
それぞれ1cm間隔くらいで1粒ずつ蒔くつもりでしたが、土の色とかぶってしまい、蒔いている位置がわからなくなるのと、雨上がりということもあり種は1粒ずつ蒔くのが難しい状況でした。
2列目のイッセイ大根は、右側が「鞘有り」(写真の白い部分)、左側が「鞘なし」の種を蒔いています。鞘付きだと発芽に時間がかかるようですが、種が自分の好きなタイミング?!で発芽してくるとのことで、種にとっては都合が良いのは鞘付きのようです。
鞘なしだと強制的?!に発芽させられてしまうイメージでしょうか?!
 
img_1587
 
種を蒔いたら薄く覆土をして鎮圧して草をかけて、米ぬか:油かす=3:1をMIXしたものをさらにまぶし、手で軽く表面をパタパタして鎮圧。←鎮圧する理由を聞きましたが忘れました
米ぬかと油かすの割合は2:1でやっている人もいるようです。
種蒔きが軽く土を被せ鎮圧し、さらに草を上に軽くかけ、その上からMIXした肥料を軽くかけてから草の上を軽く手でポンポンと叩いておきました。
 img_1592

畑作業で困ること・・・蚊にさされること

畑の作業をするのはいいのですが難点なのがシマシマ模様のヤブ蚊?!に沢山攻撃されたことです。前回は20箇所以上も蚊に刺されてしまったため、今回は虫除けスプレーを購入して対応。レインコートを着ていたこともあり、前回よりはマシになりましたが、やっぱり隙をついて刺してくるので、スプレーじゃ足りないことを実感しました。(;_;)
3回目以降は「どこでもベープ 携帯虫よけ №1未来セット」で対応しました。
 

Pocket

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする