本当は治りたくなかった・・・?!

セラピーを受けてこんなことありませんか?

あと1回のセッションでクライアントさんの悩みが解消する(一段落つく)という状況になると、なぜか、

そのクライアントさんに仕事が入ったり、何か予定が入りセッションを受らけれなくなったり、

そして、その中途半端なままズルズル行ってしまう・・・

悪い状態の時は、仕事があっても予定を調整してセッションを受けていたのに、良くなりそうになるとこうなります。

これは良くなって、どうでも良くなったということも考えられますが、多くの場合は問題が解消しそうになると、問題が無くなることへの怖れから、不思議と予定が入るように見えるのです。

問題を手放すことに怖れがあるからなんです。

あなたも心あたりはありませんか。

自分の中にこうした誘惑があることを知っておくことはとても大切ですね。

セラピーはコチラ >> aicon_170.gif

Pocket

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告大