フィッシュバーガーの白身魚ってどれ?

今日は、海好きセラピストの海ネタです。

魚 おさかなガイドブック情報

フィッシュバーガーの白身魚って何だと思いますか?

いつもどこででも同じ魚がバンズに挟まってきているわけではないんです!
さまざまな魚が名前も知られずに食べられています。

中には獲りすぎて、今ではほとんど獲れなくなったものもあるそうです。

そして新たな「白身魚」を求めて、とうとう成長が遅い深海魚にまで手を

つけてしまいました。モゴモゴ
いつも食べている白身魚が、なんという名前の魚なのか、

皆さんにももっと興味を持ってくれるといいな~

知らずに食べていると、食べ尽くしの責任を負うことになるかもしれません汗
ハンバーガーマクドナルド:すけそうだらを使用。

ハンバーガーモスバーガー:ニュージーランド沖のホキを使用。

ホキは南半球の深海魚で、日本でも冷凍食品の白身魚として

利用されています。大量に捕獲されて資源が危ぶまれている魚です。

私の好きなモスバーガーがホキを使用しているとは残念ポロリ
よつばのクローバーその他に使用される白身魚のご紹介

タイセイヨウカラスガレイ

体長2m近くにも成長し、えんがわも巨大。回転寿司の人気ネタ

マゼランアイナメ

南極海近くの深海魚。切り身はかつて「銀むつ」の名で売られていたことも

今では「メロ」と表示されています。

マダラ

代表的な日本の白身魚。タラの仲間は欧米でも人気で

大西洋では漁場の奪い合いが「タラ戦争」と呼ばれる事態になった事も。

オレンジラフィー

大西洋、南半球南部の深海魚。日本には入っていませんが

欧米では歓迎され、おかげですっかり減ってしまったそうです。

アメリカナマズ

淡水魚ですが、欧米ではなじみの白身魚。

外来魚として湖沼や池で野生化が確認されています。

さまざまな魚が一口に「白身魚」と呼ばれているように

本来は全く違う種類なのに「○×鯛」という名前がついて

まるでタイの仲間のように呼ばれたりすることがあります。

カラフトシシャモも長らく「シシャモ」として売られてきました。

代打の魚たちは名前も知られずに来ました。

水産庁は2003年から「本来の名前で売るように」と

指導しているようですが、やはりメジャーな名前でないと

売れないのではないかと業者は心配します。

食べる側がもっと魚のことを知って、本来の名前で味わい分けられれば

食はもっと豊かになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告大