日本にもやっと海洋保護区が

日本でもやっと「海洋保護区」が導入される事になったようです。ニコニコ
海洋保護区とは政府が漁業や海洋開発、船舶の航行などを制限することで

生態系や生物多様性を保護するもので、

オーストラリアのグレートバリアリーフなどが有名です。

世界の陸地の12パーセントが自然保護区などに指定されているそうですが

それに対して、海洋保護区は全海洋の1%にも満たない状況だそうです。モゴモゴ
日本は、水産資源保護法や自然公園法などで、水産資源や自然景観などを

守る仕組みはあるものの、海洋保護区といえるものは存在せず、

生物多様性や生態系を守る枠組みが無いことが懸念されていました。

海洋保護区の定義(環境省より)を

「海の持続的な利用を目的に、管理や規制を行なう海域」としています。

人間にとって直接的に有益な動植物の保護に止まらず、

自然界が膨大な時の流れの中で作り上げた「生態系全体」を守る

枠組みとなることが期待されますね

沖縄の珊瑚礁が海洋保護区になってくれるといいな・・・ラッキー
                by 海好きセラピスト

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告大