宇宙船地球号の乗組員~麻編

私達が暮らしている地球が大宇宙に漂っているひとつの宇宙船だとしたら・・・

動物も植物も、土や石や空気さえも同じ舟に乗り合わせた乗組員・・・

未来の宇宙船地球号の乗組員のために、今私達にできること?

その答えを探った番組が以前放送されていました「素敵な宇宙船地球号」

番組が目の当たりにしてきた追いつめられる野生、そして生き物たちの逆襲、温暖化のもたらす異変。その事実と私たちはどう向き会うべきなのかを探り続けてきました。(略)

次の世代に何を残していけるのか未来への羅針盤を探ります。

今回の震災をきっかけに、地球は私達に何を教えてくれているのでしょう。

私達、地球号の乗組員が次の選択をする段階にきているのかもしれません。

PS:

今回の原発震災は、地球にとっては天災ではなく人災。

人間が地球の加害者とならないような未来を・・・

第69回の「大麻が地球を救う!? ~見直される古来の素材~」

アイデアの1つとして参考になります。

幻覚成分のほとんどない産業用大麻(ヘンプ)が環境破壊を食い止める?!

1万年前、縄文時代から1948年アメリカ占領軍によって規制されるまでは、日本の主要農産物のひとつとして栽培され、衣料・食料・灯油・日用品などのさまざまな製品となって、日本人の生活を支えてきた植物。この大麻の復活が地球の救世主となるのか・・・

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告大