ゴルフ

新しいことに挑戦する年~第二弾

ゴルフ

メンタル面が大きく作用すると言われているスポーツ・ゴルフ

私がゴルフを始めてみようと思ったのもそのメンタル面が大きいのですが

サロンのセラピーでも行っているワーク そのものを活用することが出来ると思ったからです。

しかし活用できるという表現は正しくないかもしれません。

なぜならそれは、私たちが日常的に行っている体験、経験

五感や無意識(潜在意識)、顕在意識、これらを活用する行為だからです。

何もこれらは特別なことではないのです。

ただ単に小さなボールを飛ばし、転がして穴に入れるという作業

非常にシンプルだけど、私たちの人生のすべてに役立つ要素が

このゴルフにはあるのです。

年齢だって関係なくできるし、もちろん今の私でも・・・^^;

Herring Cove Golf Course, New Brunswick, Canada / Club de golf provincial Herring Cove, Nouveau-Brunswick, Canada

ゴルフに限りませんが、私たちが能力を最大限に出しきり、

成果を生み出し、達成させるためにどうしても必要なことがあります。

それは五感を100%働かせるということです。

五感は使わなければ衰えていきますが

逆をいえば訓練しだいで、今以上に研ぎ澄ませることもできます。

年をとると触覚以外の知覚は衰えていくと言われています。

いくつになっても知覚を研ぎ澄まし、

「今、この瞬間」の体験を愉しむ人生を送りたいですよね。

五感を働かせるということは、直感も当然磨かれていきます。

自分の内側(無意識)からのメッセージにも気づくようになります。

皆さん、ご存知時でしょうか?

いくら自分の意思で「私は○○を達成する!」 と願っても

無意識が反対していることであれば、達成することは難しいということを。

行動の90%以上が無意識からの行動です。

この90%の声を聞かずして、10%がいくら叫んでも無理なんです。

意識、無意識の両者が共に手を取り合い前進していくことが大切。

よくスピリチュアルな話になると、目に見えない世界の話になりますが

私たち人間は、肉体という乗り物を借りて、五感を通して世界を経験しています。

私はこの五感や直感、内側からのメッセージにも耳を傾けながら

このゴルフを愉しみたいと思うようになりました。

メンタルトレーニングやセルフマネッジメント、セルフコーチング

そして禅としてのゴルフ

時には瞑想(ヴィバッサーナ瞑想)としてのゴルフ

大地、芝、風の感触、太陽の光や目に見える風景、

思い描いたビジョン、聞こえる風の音や鳥の鳴き声、 草木の香り

時には力強いポジティブな心の声、

時にはネガティブな心の叫びが聞こえてくるかもしれません。

そんな状況を愉しみながら、自分自身をコーチングしていく。

そしてその成果はスコアとなって明らかになる。。。^^;

ど素人な私ですが、とりあえずスコアは気にせず

愉しみたいと思います。(笑)

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告大